閉じる

施工実例

【I様邸】子育てと家事をハッピーにする家

栃木

PHOTO

フォトギャラリー

  • 外で使うものをしまう土間収納や自転車も置け、すっきりと使える広い玄関。 家族で出かける時も、順番待ちをせず、くつを履くのもみんな一緒に。  

  • リビングと和室は仕切らずに広々と使えるように。 キッチンから視線が通る和室はお子様の遊んでいる様子が見えて安心です。 また、窓からは男体山が望め、緑が視界に入る設計に。

  • ウッドデッキはダイニングからすぐ出られるつくりに。 天気の良い日は外でゴハンを食べたり、ご友人とBBQをしたり、第2のリビングとして憩いのスペースになっています。

  • 「充実したキッチンを使うのは楽しい!理想が形になった」と話すI様。 キッチンに立ちながらお子様を見ることができるし、すっきりと使えるよう造り付け収納にしたのもこだわり。

  • 家事ラク「ぐるぐる動線」は子育てと家事を両立する奥様の強い味方に。 忙しい朝の洗濯はもちろん、お風呂からご主人様とお子様の「出るよー」の声で、タオルの準備もすぐできて楽です。           

  • 2階の部屋干しスペースはワイヤータイプの物干しで、使わない時はすっきりしまえて便利! 子ども部屋を通らずバルコニーに出られるのも将来を考えた工夫です。

  • 家庭菜園の水やりは子ども達の役目! 子ども達は庭でのびのび遊んでいたり、庭のある暮らしを家族みんなで楽しんでいます。

CONCEPT

住まいづくりコンセプト

お子様を通わせたい小学校のエリアで家を建てたいと考えていたI様。
家を建て始めているご友人も多かったので、展示場を見に行ったり情報収集はしていたとのこと。
西展示場へご来場した際、ご友人の家を担当した営業スタッフに話を聞くことができ、
「トヨタホームいいな」と感じていただけたそうです。

出会いから約1年後、建築の候補地が見つかり、具体的に家づくりがスタート。
「土地の契約で、担当営業の高橋さんと一緒に電車に乗って東京まで行ったのは、とても良い思い出です!」と
笑顔のご主人様。
スマホを頼りに電車を乗り継いで行った男2人旅で、さらに絆も深まったようです。

間取りは、広い玄関やリビング、子育て・家事のしやすさを重視した動線やアイテム、北欧風のインテリアなど、
I様のこだわりを盛り込み、日光の花火や男体山が見えるロケーションを活かした窓の取り方もポイントに間取りを考えました。

奥様は家事ラク「ぐるぐる動線」を大絶賛のご様子。
「夜ゴハンを作る時間と、子ども達がお風呂に入るタイミングが一緒なので、すぐタオルを出せて便利!
また、子ども達が帰ってきた時に手を洗ったり、寝る前の歯磨きもキッチンから見えるので安心。
キッチンに立ちながら子ども達の様子が見えるのがとても良いです!」と
生活のひとコマを話してくれました。

「自分の家」ができ、気兼ねなくDIYをしたり、家庭菜園やBBQで庭のある暮らしを愉しんだりと、自分たちでアレンジを楽しめる家になりました。



<これから家づくりを検討される方へ>

打合せが楽しく行うことが大事だと思います。大切なのはスタッフさんの人柄です。
決めることがたくさんある打ち合わせでも、毎回楽しく大変だという感覚はありませんでした。
他社の悪いことを言わないメーカーをおすすめします。
それから、入居前のお手入れセミナーは、もしもの時に必ず役立つとので参加した方がいいと思います!

このページの先頭へ